激しい筋トレは間違っています!

私が自分で調べて実行した細くしまった体にするためのトレーニングは、自分が持てるダンベルや筋肉に負荷をかける器具を6割程度の負荷にすることです。

自身の力の限界まで出した筋トレをすると、こなす回数は少なくていいのですが、筋肉が大きく傷ついてしまいます。

筋肉は大きな傷を治すと大きく育つという傾向があり、締まった体というよりは、ガッチリしたレスラーや体操選手の様な体つきになってしまいます。

多少息が上がる程度の筋トレを長い時間続けるように意識すると、細マッチョと言われる引き締まったいい筋肉になれるのかなと思います。

 

有酸素運動も大事!

ほかには有酸素運動も大事になってくるので、バイシクルマシンや、ジョギングなどの体全体の脂肪を燃やせる運動も必要になってきます。

水泳も体を絞る意味ではかなり効率がいいのですが、大きなジムに通っているような方しか利用できないと思うので、ジョギング、縄跳びなどの場所を選ばず出来る運動がいいとおもいます。

栄養補給としてプロテインを取るのがいいのですが、今では体づくりを助けるプロテインにも、どういう体つきになりたいのか、という用途に分けたものが売られています。

細マッチョを目指すのであれば、プロテインの成分に注意して摂取するとさらに効果的でしょう!

コメントを残す