ガチマッチョビルダーたちの「真似」が細マッチョの近道!?

ジムに行っても体格体力の関係でなかなか高負荷のトレーニングができなかった私は、細マッチョ路線を目指すことにしました。

しかい、有酸素運動がきつく休み休みといった感じでメニューをこなしていました。

そんな時、目にしたのが、ジムに置かれていたボディビル関係の雑誌でした。

高度な筋トレはできない?

ボディビル関係の雑誌を試しに読んでみたところ、やはり思った通りと言うべきでしょうか、理論もメニューも高度過ぎてなかなか役立たせることは難しい内容でした。

ただ、ビルダーたちがいくつかのポーズによって全身の筋肉をギリギリまで硬直させているのが印象に残り、お風呂上がりなどに試してみました。

すると、全身の筋肉がバキバキと締まる感覚がおとずれました。

 

ビルダーのポーズが効いている!?

これはトレーニング時と同じ反応であり、つまり「効いている」ということだと解釈した私は、普段のささやかな練習とは別に、鏡の前でのポージングを取り入れてみることにしました。

それもただ画一的に筋肉を固めるのではなく、胸、上腕、腹筋といった形に意識の入れどころを変え、結構長い時間同じ体勢を取っていました。

もちろんビルダー的な高負荷トレーニングをしているわけではありませんので筋量の増加はさほどありませんでしたが、隙なく筋肉を使っている感がプラスされました。

また、筋肉がより大きく美しく見える「ポーズ」なだけに、視覚的にもマッチョ気分が味わえることも確かで、他のトレーニングをするにあたっての励みにもなりました。

 

コメントを残す